できるサイト管理者になるSEOセミナー

SEOとは、GoolgeやYahoo!などの検索サイトで、検索結果ページの1ページ目にホームページを出現させることを目的にした施策を言います。

昨今では、ほとんどのホームページがSEOを実施しているのが実状ですが、同時に、変化を続けるSEOに対応できず過去のSEOを続けることで上位表示を達成できずにいるホームページが多くあることも事実です。

2007年頃の外部対策を中心にしたSEOから、2012年頃にはコンテンツを中心にしたSEOに移り、2016年以降ではトラフィック(閲覧者評価・アクセス動向)を中心にしたSEOに移行しています。

今ここで、最新のSEOを知ることで上位表示を達成するチャンスが訪れていると言えます。是非、本SEOセミナーを参考に上位表示を達成し、アクセスアップ・コンバージョン(成約)アップの実現をしてください。

SEOの基本を抑える

始めにSEOの基本概念を解説します。この章では、10年後も有効な正しいSEO対策の第一歩を作ります。

まず「SEO」とは...

SEOとは(Search Engine Optimization)の頭文字をとったものですが、簡単に言えば「検索エンジンからの評価を高めること」です。

インターネットで情報を探す人の多くはGoogleやYahoo!などの検索サイトで必要な情報を収集します。その検索サイトの検索結果ページに自分のホームページが表示されることで、情報を探す人の目に止まりホームページに訪れてもらうことができます。

検索サイトでは、検索結果ページの表示順位が高い(先に表示される)ほど閲覧者に訪問してもらえる可能性が高く、表示順位が低くなると閲覧者の訪問数も減ってしまいます。

そのため、多くのサイト管理者は検索結果ページで1番でも早く自分のホームページが表示されるようにSEO対策を行っています。

SEOとはGoogleにアピールすることである

検索結果ページで表示順位を高めるにはどうすれば良いのでしょう。それは、検索順位を決定しているGoogle検索エンジンに評価されることです。

GoogleやYahoo!などの検索サイトでは「情報を探す人に最適な情報(ホームページ)を提供すること」を目的に運営がされています。このGoogleの考えに沿ったホームページであれば検索順位を上げることが可能です。ただ、このGoogleの考えに沿ったホームページというのがSEO対策の難しい部分でもあります。

Googleでは検索順位を決定する考え方(アルゴリズム)が200以上あると言われ、検索順位の決定に大きく影響するものから影響の小さいもの、また、それらSEOも自分でできるものから他サイトや閲覧者に協力してもらわないと実現できないものまで様々なSEO対策が存在しています。

SEO対策では、Googleの考えに沿いながらホームページを運営する必要があります。

SEOをしているのはあなただけではない

SEO対策をすれば、誰でも上位表示できるなら良いでのですが、そうもいかない現状があります。

GoogleやYahoo!などの検索サイトで上位表示を狙っているのはあなたのホームページだけではありません。むしろ、ほとんどのホームページが検索サイトでの上位表示を狙ってSEO対策を行っています。なかにはSEO対策を意識せず、自然にGoogleから高い評価を得て上位表示を達成しているホームページもあります。

この世に全く同じホームページが存在しないわけですから、何らかの違いから検索順位に差が生じます。同じ内容であっても文章の書き方ひとつ、そのホームページが開設された日時も、例え同じSEO対策を行ったとしても、少しでも違いがあればそれを要素に検索順位に違いが生まれます。

その差を埋める最適なSEO対策が実施できれば、あなたのホームページも上位表示できるわけです。

Google・Yahoo!がある限りSEOは欠かせない

検索サイトからの集客は欠かすことはできません。

ホームページへの集客手段は検索サイトからだけでなく、SNSやリスティング広告など、検索サイト以外からの集客も増えています。

ですが、依然として検索サイトからの集客は無視することができない手段となっており、LPOやリスティング広告と併用して集客を行うサイト管理者が増えています。

それでも、SEOはインターネット集客の基本になっており、SNS・LPO・リスティング広告などの集客手段と併用されています。

GoogleやYahoo!が運営を続ける限りSEOは必要であり、最低限のSEO対策だけでも実施することが推奨されます。

基本編

実践編

解決編

アクセスに繋がるSEOワードの選定

次に正しいSEOワードの選定をしましょう。正しいSEOワードの選定がアクセスアップ・成約数アップを何倍にもします。

SEOワードの選定で成功にも失敗にも

SEO対策ワードの選定はとても大切です。

SEOの基本概念は、検索サイトからホームページに多くの閲覧者を誘導することにあります。そのため、検索サイトで多く検索されているワードで上位表示ができれば、多くの閲覧者を誘導できることになります。逆に、どんなに良いSEO対策を行って上位表示を達成しても、誰も検索しないSEOワードで上位表示されてもアクセスアップには繋がらないのです。

SEOワード選定の最低条件は、Google・Yahoo!などの検索サイトで検索されている検索ワードをSEOワードを選ぶことです。そんなSEOワードは少ないかもしれませんが「検索回数が多く、ライバルサイトが少ない」を検索ワードをSEOワードにすることが理想になります。

SEOワードの重要性を確認

SEOワードの選定は、アクセスアップや売り上げアップなどのサイト運営の目的を大きく左右する最初のSEO対策と言えるかもしれません。

検索回数の多い人気ワードはライバルサイトが多く上位表示が難しい傾向にあり、検索回数が少ない検索ワードはライバルサイトも少なく上位表示の可能性は高まりますが、そこから得られるアクセス数が少なくなる傾向にあります。

アクセス数や売上額などの目標を達成するには、SEOワードを適切に選択することで十分なアクセス数を確保し、有益な情報の掲載により高いコンバージョン率(成約率)に繋げることで目標を達成できるものとなります。

SEOワードの最適な選択は、SEO対策の最終結果に直結する大切な要素になります。

基本編

実践編

解決編

検索順位を決める検索エンジンを理解する

検索エンジンの動きも理解しましょう。検索エンジンに評価されるには検索エンジンの考え方を理解する必要があります。

基本編

実践編

解決編

「コンテンツSEO」がSEO対策の基本

絶対必要条件のコンテンツSEOを解説します。自分でできるコンテンツSEOは誰でも実践できる必須のSEO対策です。

基本編

実践編

解決編

「リンクSEO」が最大のSEO効果を生む

最大のSEO効果が期待できるリンクSEOを解説します。上位表示を達成するには必須のパワーSEOです。

基本編

実践編

解決編

「トラフィックSEO」がSEO効果を倍増させる

重要度が高まっているトラフィックSEOを解説します。近年、アクセス動向が検索ランキングに影響を与えています。

基本編

実践編

解決編

逆SEOになる要素を取り除く

検索順位アップの弊害になる逆SEOを解説します。問題点を除くことが検索順位アップのキッカケになることもあります。

基本編

実践編

解決編

実践的なSEO対策で経験を積む

実際のSEO対策で遭遇する情報を解説します。様々なホームページがあるからこそ様々なSEO対策が必要になります。

基本編

実践編

解決編