SEOツール

SEO対策で使える
無料・高機能SEOツール

様々な角度からSEO要素を調査・診断する無料SEOツールです。

検索エンジン評価チェック

Google検索エンジンからの評価をチェックします。

  • 検索ランキングを調べる!

    検索順位チェックツール
    5,612,296
  • インデックス評価を調べる!

    インデックスチェックツール
    721
  • SEOマーケティング

    SEO対策条件の選定をサポートします。

  • サテライトワードを調べる!

    関連ワードツール
    0
  • 推奨ワードを調べる!

    サジェストワードツール
    0
  • 有効なコンテンツを調べる!

    コンテンツテーマ調査ツール
    0
  • 内部SEOサポート

    サイト内部の強化を図るSEOツールです。

  • headタグを評価する!

    ヘッダー最適化ツール
    28
  • 掲載コンテンツを評価する!

    コンテンツ最適化ツール
    455
  • 掲載コンテンツを校正する!

    ページ校正ツール
    0
  • ページ構成を調べる!

    重要タグチェックツール
    455
  • その他調査ツール

    その他、SEO対策に関する診断ツールです。

  • ライバルサイトと比較する!

    ライバルサイト比較ツール
    0
  • ペナルティーをチェックする!

    ペナルティーチェックツール
    0
  • 「SEO診断ツール」は、自分でするSEO対策に便利な無料のSEO調査ツールです。

    自分でSEO対策をするには、SEO対策に必要な情報を入手し、効率的かつ効果的なSEO対策の実施する必要があります。

    本SEOツールは、弊社がSEO対策を実施する際にも利用するプロユースの調査ツールです。

    自分でするSEO対策にご利用ください。

    まず、検索エンジンからの評価を知る

    検索順位を調べてみよう

    検索順位は、あなたのホームページを順位づけする検索エンジンからの最もストレートな評価になります。

    上位表示を希望するキーワードをテーマにする世界中のページの中から、何番目に優秀なページかをランク付けしたものになります。

    また、その検索順位がアクセス数に直結するものになります。

    インデックス情報でホームページの健康状態が分かる

    インデックスとは検索データベースに登録されているページ情報です。

    検索データベースに登録されているインデックス情報には、ページ内で掲載されているコンテンツ情報や、特徴的な経済情報など、そのページの評価に関連する情報が合わせて登録されています。

    それらインデックス情報を調査することで、そのホームページの健康状況が分かります。

    具体的には、検索エンジンに認識されている総ページ数や、その中でも評価の低いページがわかることもあります。

    また、ペナルティーや大きく検索順位が変動する直前など、インデックス情報を調べることでホームページの健康状態を知ることができます。

    ライバルサイトと比較する

    上位表示サイトから必要なSEO対策がわかる

    まず、単純に上位表示を達成しているホームページは、検索エンジンから評価されて上位表示を達成しています。

    そのため上位表示を達成しているホームページを調査すれば、上位表示を達成するために必要なSEO対策も見えてくるわけです。

    自分のホームページを改善することがSEO対策において必要なことではありますかむやみな内部改善だけでなくライバルサイトを調査して効果的なSEO対策を実施する必要もあります。

    検索順位はライバルサイトとの相対評価で決定する

    検索順位はライバルサイトとの相対評価で決定します。

    そのため、自分のホームページにどれだけ満足しても、ライバルサイトの方が高く評価されていれば上位表示は難しいものになります。

    そのため、自分のホームページとライバルサイトを第三者の目線で冷静に比較する必要があります。

    自分のホームページの評価を知ることと同様に、ライバルサイトが評価されているポイントを知ることも、SEO対策には求められます。

    閲覧者のニーズ(マーケティング)を調査する

    調査が必要なのは、自分のホームページとライバルサイトばかりではありません。効果的なSEO対策には閲覧者のニーズ(マーケティング)を調査する必要もあります。

    また、それは検索エンジンが求めているコンテンツテーマを知ることでもあります。

    検索エンジンは、閲覧者が求める最適な情報を提供することをテーマにしています。そのため、その時代の閲覧者の動向に合わせて上位表示させる因子を変えています。

    例えば、新しいスポーツが生まれたときは、まだ知名度が低いため、そのスポーツのルールや楽しみ方を提案するホームページを上位表示させ、その後、そのスポーツが世間に浸透し知名度が高まると、そのスポーツに必要な道具を販売するサイトや、そのスポーツを楽しむためのスペースを提供するページを上位表示させます。

    このように同じテーマであって、その時代に合わせた情報を提供することがSEO対策では必要になります。たとえ有益な情報を提供するページであっても、閲覧者から求められないコンテンツは上位表示されることはありません。

    変化の多いSEO対策では、閲覧者の動向調査も必要になります。

    SEO調査ツールは3タイプをご用意

    サイト評価を調査するSEOツール

    「検索順位チェックツール」と「インデックスチェックツール」は、Google検索エンジンからの評価を調査する無料ツールです。

    ホームページが検索エンジンからどのように評価されているかを知ることで、必要なSEO対策も見えてきます。

    ホームページ調査をするSEOツール

    検索順位の決定は、ホームページ自身の評価が基本になり、それに外部評価が加味されて最終的な検索順位が決定します。

    そのためSEO対策では、まずホームページの改善から始める必要があります。

    「SEOワードが効果的に記述されているか?」や「リンク切れはないか?」など、内部改善がメインになっている昨今のSEO対策では、ホームページの改善箇所を見つけることが必要です。

    マーケティング調査をするSEOツール

    SEO対策を始める時に「どのキーワードでSEO対策をするか」を検討すると思います。

    その時に、誰も検索しないキーワードでSEO対策をしてもアクセスアップには繋がりません。

    「どんなキーワードが多く検索されているのだろう?」や「どんなコンテンツが評価されているのだろう」など、SEOマーケティングがSEO対策を成功にも失敗にもします。