大切なのは記述回数より記述位置!
無料SEO診断ツール

キーワード記述チェックツール

調査ページに記述されているテキストを解析しSEOワードの記述に関する調査します。昨今の検索エンジンでは掲載内容のSEO重要度が高まっています。SEOワードの記述状況を確認し、内部改善に利用できる無料SEO診断ツールです。

  1. キーワード
    出現頻度
  2. キーワード
    出現エリア
  3. SEOワード
    記述近辺
  • シート1
  • シート2
  • シート3
  • シート4
  • シート5
  • シート6
  • シート7

検索エンジンのバージョンアップが行われた時やアクセスが集中した時に正しくチェックができない場合がございます。
予めご了承の上、ツールをご利用いただきますようお願いいたします。

スポンサーリンク
調査条件を入力してください。
調査ページ(URL)

調査ページのアドレス(URL)を入力してください。

調査キーワード

検索サイトに入力する検索ワードと同様に調査ワードを入力してください。

調査環境を選択ください。
サイトカテゴリー
最も近い調査ページのカテゴリーを選んでください。
都道府県
調査をしている都道府県を選んでください。

キーワード記述回数に推奨回数はありません

ページ内の文章を記述するときは、いろいろ言われているSEO対策のことは忘れて、閲覧者に伝えたい情報を判りやすく伝えることだけを考えて記述を行ってください。

キーワードの記述回数を意識してコンテンツを作成するのではなく、ページテーマを明確にし、閲覧者に有益な情報を提供することで、自然とSEO対策ワードが記述されていくことが理想的なキーワード記述です。

キーワード記述の推奨回数として、掲載テキストの3〜5%が理想の記述回数と言われることもありましたが、現在では、この数値に意味はありません。記述回数が少なくても、上位表示を狙うことはできます。

ただし、極端に記述回数が多かったり、少な過ぎることでSEO効果の低下を招くことがありますので、記述頻度が極端にならないようにすることだけに注意すれば十分です。

キーワードの記述頻度だけでなく記述位置も大切

SEO対策でキーワード記述を行うことは非常に大切ですが、キーワードをどの位置に記述するかも検索エンジンへのアピールには大切な要素となります。

ページ内に記述するキーワードは、一箇所に集中したり検索エンジンからの評価が低い箇所に記述しても効果的なキーワードの記述とは言えません。キーワードの記述はページ全体に亘り記述されており、且つページ上部に多少多めにキーワードが記述されていることが理想的なSEO対策になります。また、ページタイトル部分などのヘッダーエリアにも必要な箇所にはターゲットキーワードを記述していただくことが必要になります。

文章の中でもキーワードの記述位置は大切

前述では、ページ全体およびサイト全体で広くキーワードを記述することが大切であることをご紹介しましたが、文章中に記述するキーワードの位置もSEO対策には関係します。文章記述のコツとしましては“結論から先に伝える”ことを意識して文章を記述することが大切で、さらに、文章内の前部か後部にターゲットキーワードを記述していただくこと効果的なSEO対策になります。

文章量は多いほうが有利です

ページ内の文章量が大切です。特にデザイン性の強いページでは、ビジュアル表現が多く文章量が少なくなる傾向がありますが、クローラーはビジュアルを詳細に解析することはできませんので、多少デザイン性を下げてでもSEOワードおよび文章を記述することがSEOには有利になります。

そのため、デザイン性を強めたページでの集客はSNSやバナー広告での集客が推奨されます。