ページ校正ツール

ページ内のコンテンツを校正!
SEO評価の向上とペナルティー回避を図ります。

  1. SEOワード
    記述チェック
  2. 重要タグ
    チェック
  3. テキスト
    校正
  4. キーフレーズ
    チェック
  5. リンク
    チェック
  • シート1
調査情報
調査ページ
SEOワード
利用環境
サイトカテゴリー
都道府県
現在準備中です。サービス開始までしばらくお待ちください。

検索エンジンのバージョンアップが行われた時やアクセスが集中した時に正しくチェックができない場合がございます。
予めご了承の上、ツールをご利用いただきますようお願いいたします。


キーワード記述回数に推奨回数はありません

ページ内の文章を記述するときは、いろいろ言われているSEO対策のことは忘れて、閲覧者に伝えたい情報を判りやすく伝えることだけを考えて記述を行ってください。

キーワードの記述回数を意識してコンテンツを作成するのではなく、ページテーマを明確にし、閲覧者に有益な情報を提供することで、自然とSEO対策ワードが記述されていくことが理想的なキーワード記述です。

キーワード記述の推奨回数として、掲載テキストの3?5%が理想の記述回数と言われることもありましたが、現在では、この数値に意味はありません。記述回数が少なくても、上位表示を狙うことはできます。

ただし、極端に記述回数が多かったり、少な過ぎることでSEO効果の低下を招くことがありますので、記述頻度が極端にならないようにすることだけに注意すれば十分です。

キーワードの記述頻度だけでなく記述位置も大切

SEO対策でキーワード記述を行うことは非常に大切ですが、キーワードをどの位置に記述するかも検索エンジンへのアピールには大切な要素となります。

ページ内に記述するキーワードは、一箇所に集中したり検索エンジンからの評価が低い箇所に記述しても効果的なキーワードの記述とは言えません。キーワードの記述はページ全体に亘り記述されており、且つページ上部に多少多めにキーワードが記述されていることが理想的なSEO対策になります。また、ページタイトル部分などのヘッダーエリアにも必要な箇所にはターゲットキーワードを記述していただくことが必要になります。

文章の中でもキーワードの記述位置は大切

前述では、ページ全体およびサイト全体で広くキーワードを記述することが大切であることをご紹介しましたが、文章中に記述するキーワードの位置もSEO対策には関係します。文章記述のコツとしましては“結論から先に伝える”ことを意識して文章を記述することが大切で、さらに、文章内の前部か後部にターゲットキーワードを記述していただくこと効果的なSEO対策になります。

文章量は多いほうが有利です

ページ内の文章量が大切です。特にデザイン性の強いページでは、ビジュアル表現が多く文章量が少なくなる傾向がありますが、クローラーはビジュアルを詳細に解析することはできませんので、多少デザイン性を下げてでもSEOワードおよび文章を記述することがSEOには有利になります。

そのため、デザイン性を強めたページでの集客はSNSやバナー広告での集客が推奨されます。

重要タグを使って記述しましょう

検索エンジンはページ評価をする際に、重視するHTMLタグがあります。

代表的なのはtitleタグです。titleタグは、ページの内容を簡潔に表すページタイトルを記述しますが、その際には、対策ワードも含めて記述すると、検索エンジンはページタイトルとページの掲載内容が一致しているかを評価し、一致している場合はSEO評価を高めてくれます。

その他にも、h1~h6までの見出しタグやaタグなど、ページを構成するHTMLタグでページの内容を顕著に表す重要タグを検索エンジンは重視してページの評価を行います。

titleタグ・h1~h6タグ・aタグを適切に使用し、ページテーマに繋がるSEO対策ワードを含めた記述ができていることが理想的です。ただし、重要タグに無理なSEO対策ワードの記述は行わないようにしましょう。逆にSEO効果を下げてしまいます。

重要視されるHTMLタグの利用でSEO対策評価アップ

昨今のSEO対策では検索エンジンのアルゴリズムバージョンアップから外部対策から内部対策を重視する方向に向かっています。その為、HTMLタグが正しく使用されているか、重要タグで効果的な文章の記述がされているかなど、検索エンジンの評価を高めることを目的にしたHTMLタグの使用がされているかを確認することも大切なSEO対策になります。

HTML5の出現でますますHTMLの重要度高まる

HTMLタグにはそれぞれ意味があり、内容に合わせてHTMLタグを使用することが推奨されています。昨今HTML4からHTML5が発表からHTMLタグの種類も大幅に増え、HTMLで表現できる幅も大幅増えました。それにより今後ますます、内容に適したHTMLタグを使用することがSEO対策には必要となることが考えられます。

検索エンジンに優しいサイト作り

検索エンジンは、ページを解析する際にページ内に書かれている文章だけを解析の対象とします。その為、画像内に書かれたテキストやFlash内に書かれたテキストやリンクを解析することができず、正当な評価を受けることができなくなります。SEO対策では、上位表示を狙う文章をページ内、さらにはサイト全体で記述することが大切になりますが、検索エンジンに正当な解析が受けられるようSEO対策を行うことが重要です。

アクセスが集まるページを増やしましょう

Google検索エンジンは、ホームページ全体の評価も行っていますが、1ページずつの評価の総合評価としてホームページ全体の評価を行っています。

そのため、1ページ単位でSEO評価を高め、その結果としてホームページ全体の評価を高めることに繋げることが検索順位アップには効果的です。

文章量とリンクの比率が重要

重要タグの一つにaタグがありますが、特に外部リンクが重要なポイントになります。例えばアフィリエイトサイトなど、別ドメインへのリンクが多くなるサイトでは文章量に対するリンクの数を慎重に管理する必要があります。

別ドメインのページに誘導したいばかりで、掲載情報量が少なかったり別サイトでも多く取り上げられている内容の薄いページでは、ページのSEO評価を著しく低下させ上位表示が難しくなることがあります。

その為、外部リンクに関しては慎重に利用する必要があります。