Googleからの評価を調べる!
無料SEO診断ツール

エンジン評価チェックツール

検索順位アップには内部改善を行い、閲覧者にも検索エンジンにも親切なページである必要があります。
調査ページに記述されている文章を中心に改善点を調査します。

  1. キーワード
    出現頻度
  2. キーワード
    出現位置
  3. テキスト
    校正
  4. キーフレーズ
    チェック
  5. 発リンク数
  6. インデックス
    評価
スポンサーリンク

検索エンジンのバージョンアップが行われた時やアクセスが集中した時に正しくチェックができない場合がございます。
予めご了承の上、ツールをご利用いただきますようお願いいたします。

調査条件を入力してください。
調査ページ(URL)
調査キーワード

Yahoo!やGoolgeなどの検索フィールドに入力する検索ワードと同様に、調査キーワードを入力してください。

調査環境を選択ください。
サイトカテゴリー
最も近いカテゴリーを選んでください。
お住まいの都道府県
スポンサーリンク

検索エンジンのバージョンアップが行われた時やアクセスが集中した時に正しくチェックができない場合がございます。
予めご了承の上、ツールをご利用いただきますようお願いいたします。

調査条件を入力してください。
調査ページ(URL)
調査キーワード

Yahoo!やGoolgeなどの検索フィールドに入力する検索ワードと同様に、調査キーワードを入力してください。

調査環境を選択ください。
サイトカテゴリー
最も近いカテゴリーを選んでください。
お住まいの都道府県
スポンサーリンク

検索エンジンのバージョンアップが行われた時やアクセスが集中した時に正しくチェックができない場合がございます。
予めご了承の上、ツールをご利用いただきますようお願いいたします。

調査条件を入力してください。
調査ページ(URL)
調査キーワード

Yahoo!やGoolgeなどの検索フィールドに入力する検索ワードと同様に、調査キーワードを入力してください。

調査環境を選択ください。
サイトカテゴリー
最も近いカテゴリーを選んでください。
お住まいの都道府県
スポンサーリンク

検索エンジンのバージョンアップが行われた時やアクセスが集中した時に正しくチェックができない場合がございます。
予めご了承の上、ツールをご利用いただきますようお願いいたします。

調査条件を入力してください。
調査ページ(URL)
調査キーワード

Yahoo!やGoolgeなどの検索フィールドに入力する検索ワードと同様に、調査キーワードを入力してください。

調査環境を選択ください。
サイトカテゴリー
最も近いカテゴリーを選んでください。
お住まいの都道府県
スポンサーリンク

検索エンジンのバージョンアップが行われた時やアクセスが集中した時に正しくチェックができない場合がございます。
予めご了承の上、ツールをご利用いただきますようお願いいたします。

調査条件を入力してください。
調査ページ(URL)
調査キーワード

Yahoo!やGoolgeなどの検索フィールドに入力する検索ワードと同様に、調査キーワードを入力してください。

調査環境を選択ください。
サイトカテゴリー
最も近いカテゴリーを選んでください。
お住まいの都道府県

エンジン評価チェックツールの利用について

アクセスが集まるページを増やしましょう

Google検索エンジンは、ホームページ全体の評価も行っていますが、1ページずつの評価の総合評価としてホームページ全体の評価を行っています。

そのため、1ページ単位でSEO評価を高め、その結果としてホームページ全体の評価を高めることに繋げることが検索順位アップには効果的です。

ページ内のSEO要素をチェックしましょう

ページの中には、Googleが評価するポイントがいくつもあります。

代表的なポイントとして、ページタイトルや掲載されているテキストから、さらには、最終更新日やファイルサイズなど、閲覧者には見えない部分もGoogleは評価を行い検索順位を決定しています。

ページ評価チェックツールでは、掲載内容を解析して、キーワードの記述に関することや、リンクに関することなど、ページ単位のSEOチェックを行います。

キーワード記述回数に推奨回数はありません

ページ内の文章を記述するときは、いろいろ言われているSEO対策のことは忘れて、閲覧者に伝えたい情報を判りやすく伝えることだけを考えて記述を行ってください。

キーワードの記述回数を意識してコンテンツを作成するのではなく、ページテーマを明確にし、閲覧者に有益な情報を提供することで、自然とSEO対策ワードが記述されていくことが理想的なキーワード記述です。

キーワード記述の推奨回数として、掲載テキストの3〜5%が理想の記述回数と言われることもありましたが、現在では、この数値に意味はありません。記述回数が少なくても、上位表示を狙うことはできます。

ただし、極端に記述回数が多かったり、少な過ぎることでSEO効果の低下を招くことがありますので、記述頻度が極端にならないようにすることだけに注意すれば十分です。

ページテーマが限定さしましょう

前項では、SEO対策のことを考えた文章の記述は必要ないことをお伝えしましたが、1つのページに“あれもこれも”と多くの情報を掲載することは、閲覧者にも検索エンジンにも主旨が伝わらずSEO効果の低下を生むことがあります。

Google検索エンジンでは、そのページがどんなテーマについて書かれたページであるかを解析し、さらに、そのテーマについてどの程度詳しくオリジナリティーの高い文章が書かれているかを調査しています。

そのページがどんなテーマについて書かれているページなのかをGoogleに明確に伝えるには、ページテーマを限定し、ページ全体でテーマについて詳しく記述する必要があります。

ページテーマが限定されていれば、ページ全体に渡ってSEO対策ワードが出現することが自然です。検索エンジンも、全体に渡りSEO対策ワードが記述されているかをチェックしています。

重要タグを使って記述しましょう

検索エンジンはページ評価をする際に、重視するHTMLタグがあります。

代表的なのはtitleタグです。titleタグでは、ページの内容を簡潔に表すページタイトルを記述しますが、その際には、対策ワードも含めて記述すると、検索エンジンはページタイトルとページの掲載内容が一致しているかを評価し、一致している場合はSEO評価を高めてくれます。

その他にも、h1~h6までの見出しタグやaタグなど、ページを構成するHTMLタグでページの内容を顕著に表す重要タグを検索エンジンは重視してページの評価を行います。

titleタグ・h1~h6タグ・aタグを適切に使用し、ページテーマに繋がるSEO対策ワードを含めた記述ができていることが理想的です。ただし、重要タグに無理なSEO対策ワードの記述は行わないようにしましょう。逆にSEO効果を下げてしまいます。

最後に

SEO対策において、ページに掲載されている情報を閲覧者にわかりやすく伝えることはもちろん、検索エンジンにも分かりやすく伝えることがSEO対策には必要です。

Google検索エンジンはロボット型の検索エンジンでありプログラムです。様々な条件をプログラムが解析し検索順位を決定しています。

Google検索エンジンが重視する箇所を効果的にアピールすることが大切です。