第3回

もっと質の高いコンテンツを掲載する必要がある

100位以内に検索順位ランキングしているホームページでは、掲載されているコンテンツの方向性に間違いはないと思います。

ですが、質の高いコンテンツが掲載されているとは言えず、閲覧者が求めるコンテンツではなく、サイト管理者が掲載したいと考えるコンテンツが多く掲載されている傾向が強いようです。

検索サイトで多く検索されている人気ワードなどを調査し、それら検索ワードに対応できるコンテンツを増やすことをお勧めします。

閲覧者の直帰率が高くリピート率が低い

GoogleやYahoo!などの検索サイトは、情報を探して検索サイトを利用する検索ユーザーの問題を、高いレベルで解決できるホームページを順番に検索結果ページに表示しています。

そのため、閲覧者がそのホームページに訪れても、数秒で検索結果ページに戻ってしまうような『直帰率』の高いホームページはサイト評価が下がる傾向にあります。

これは当然のことです。検索結果の1ページ目に表示しても、検索ユーザーが閲覧してすぐに検索結果ページに戻ってしまうということは、探している情報がそのページにないと判断されたからです。

この閲覧者の動向をGoogle検索エンジンは評価しているのです。閲覧者が求める情報が、そのページに掲載されていることを明確にすることが大切なのです。そのためにはサイトデザインの変更が必要になることがあります。

実際にGoogle検索エンジンでは、イメージに描かれている内容や、コンテンツ間のスペースなど、人間レベルのページ解析も行なっています。

一度、閲覧者の求める情報が「解りやすく」、そして「詳しく」掲載されているか確認が必要なのかもしれません。

その時、是非、第三者の評価を聞いてみてください。

更新頻度が低く情報鮮度が落ちている

ホームページのメンテナンスは定期的に行っていますか?

SEOではホームページの更新頻度が高い方が有利になる場面が多くあります。

検索エンジンは各ページの最終更新日を監視しており、