• 初心者

1-2 SEO対策の心構え

予め覚悟しておかなければならないSEOの心得を解説します。検索順位が思い通りにならなくても理由がわかれば納得できるものです。

まずは結論を
検索順位に一喜一憂しない心構えが必要である
SEOには不確定要素が多いものです。それは自分1人だけがSEO対策をしているのでもなく、そのSEO対策を評価するのは検索エンジンであることにより、思い通りにならないことも多くあります。 SEO対策を短期で評価するのではなく、長期の視野でSEO対策の結果を評価することが求められます。
スポンサーリンク

思い通りにならないのもSEOの特徴

SEO対策に上位表示の保証はナイ!

当サイトのサービスも例外ではありませんが、上位表示を保証するSEO対策はしていません。Googleでさえ、自社サイトの上位表示を保証していないほどです。ちなみに、Googleは不覚にも自ら作ったルールを犯してしまった場合でも自らにペナルティーを発動するほどルールを厳格に守っています。

SEO対策は、検索サイトでの上位表示を目的とすることに違いはありませんが、あくまで検索順位を決定するのは検索エンジンであり、SEO対策を行えば必ず上位表示されるという保証はなく、もちろんSEO業者が検索順位を決定するのでもありません。

検索順位を決定するのは検索エンジンが決めたルール(アルゴリズム)で決められます。

SEO対策を行えば誰でも上位表示できるものではないことを覚悟しておく必要もあるのです。

SEO対策の効果が表れるまでの期間を知っておく

SEO対策を行った結果が、検索順位として表れるまでには一定の期間が必要になります。

通常、検索順位の変動はクローラーと呼ばれるホームページ巡回ソフトが各ホームページの情報を収集・解析・評価した後に検索順位の決定を行います。その為、検索順位にSEO対策の効果が表れるまでには一定の期間が必要になります。

また、クローラーがホームページに訪れるまでの期間は、そのホームページの更新頻度によって異なり、更新頻度の高いホームページはクローリング頻度が高いので、SEO対策の効果が検索順位に現れるのもそれだけ早くなります。

SEOには更新頻度も大切です。

SEO対策ではクローリング頻度は高いに越したことはなく、SEO対策の結果を検索順位に早く反映させるにはクローラーに頻繁にクローリングしてもらう必要があります。

また、対策ワードの難易度によっても検索順位の変動が発生するまでの期間は異なります。SEO対策の効果が現れるまでの期間は、ライバルサイトの少ないキーワード(ニッチワード・スモールキーワード)であれば数週間程度、SEO対策で最も多いミドルキーワードの場合でも2~3ヶ月程度の期間が必要になります。ライバルサイトの多い人気キーワード(ビッグキーワード)の場合、SEO対策の度合いにもよりますが1年以上掛かることもあります。

SEOは、上位表示の保証もなければ、時間も掛かる場合もある集客手段なのです。ですが、無料で自分でできること、上位表示された時の集客力の大きさから多くのサイト管理者が行うのです。

思い通りに集客したい

SEOの弱点は「即効性」です。

SEO対策を実施してから、効果が表れるまでには前述の通りある程度の時間が必要です。さらには上位表示が達成できないこともあります。

もし、すぐに確実にアクセスが必要なら『リスティング広告』がオススメです。

『リスティング広告』はGoogleやYahoo!などの検索結果ページの上部に表示される広告です。これなら確実に上位表示することが可能です。