SEOの基本概念を押さえる 第3回

SEO対策って何をすれば良い?

SEO対策のセオリーを解説します。SEO対策の基本的な考え方は閲覧者に喜ばれるサイト運営をすることです。また、Googleもそれを望んでいます。

SEO対策でするべきこと

本来、SEO対策は難しいものではなく「情報を丁寧に詳しく閲覧者に伝えること」ができていればSEO対策の基本はできていると言えます。

ここで大切なことは、ホームページの評価を自己評価するのではなく、閲覧者からの評価が検索ランキングに影響していることを理解することです。いくら自分が良いホームページだと思っても、閲覧者が良いホームページであると評価しなければ検索順位はアップしません。

SEOの世界には様々な情報がありますが、すべては『閲覧者のためになっているか?』に関わるSEO対策ばかりなのです。

例えば、SEO対策の代表である「ページタイトルの改善」です。これは、検索結果ページで表示されるその名の通りページのタイトルとして掲載されますが、このページタイトルとページの内容が一致していると、そのページタイトルに含まれるワードのSEOスコアが上がります。

これは、検索サイトを利用するユーザーがページタイトルを読み、そのページタイトルから読み取れる内容を想定してページタイトルをクリックします。このとき、想定していたページタイトルと進んだ先のページの内容が違っていたらどう思うでしょう。きっと、ガッカリして検索結果ページに戻るのではないでしょうか?

このページタイトルに関するSEO対策もGoogleが閲覧者のことを思い作ったアルゴリズムなのです。ちなみに、検索結果ページから訪れた閲覧者が内容にガッカリして、すぐに前ページに戻ることを「直帰」と言いますが、この直帰率が高いページはSEOスコアが下がり、その検索ワードでの検索順位も下がります。

有益な情報を配信するだけで良い

結論から言いますと、上位表示を達成するには『良質なコンテンツ』、『他サイトからのリンク』、『閲覧者の満足』の3つのポイントを、ライバルサイト以上に達成すれば上位表示は誰にでも可能です。

前述の3つのポイントを抑えるのが『有益な情報を配信する』。これに尽きるのです。

有益な情報を配信すれば「Googleから良質なコンテンツであると評価され」、「他サイトの管理者から紹介され(リンクを受け)」、「閲覧者が満足し、そのページに滞在する」ことになり、有益な情報を配信すれば、SEO対策の3つのポイント全てを対策することができるのです。

後述もしますが「有益な情報を配信する」ことができていればSEOを意識する必要はありません。自然に結果はついてきます。

ただし、ここで終わっては上位表示までの時間が掛かり過ぎてしまうかもしれません。

短期間で成果が出るSEO対策を選ぶ

ホームページごとに必要なSEO対策は異なる

上位表示を達成しているホームページは、検索エンジンに評価されたことによって上位表示を達成しています。だからと言って、上位表示を達成している全てのホームページがSEO対策をしているとも限りません。SEO対策を意識していても意識していなくても、結果的に検索エンジンに評価されていれば上位表示を達成することができます。