• 初心者

SEOの全体像を把握する

SEOの基本情報を解説します。SEOが初めての方には必要な情報が詰まっています。

SEOとは

SEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)のことを言います。これは、GoogleやYahoo!などの検索結果ページで自分のホームページが早い順位で表示(上位表示)されるようにホームページを改善することと同意になります。また、検索結果ページの上位表示を目的にした作業を「SEO対策」と言います。


本サイトの場合「SEO」をテーマにしていますので、GoogleやYahoo!などの検索サイトで「SEO」で検索した場合、検索結果ページの1ページ目に出現することを目標にSEO対策を行っています。

SEOのメリット

多くのサイト管理者は、ホームページを開設したら「多くの人に見てもらいたい」、「アクセスを増やしたい」、「問い合わせを増やしたい」など、ホームページを開設した目的を達成したいと考えると思います。

ホームページのアクセスを増やす手段は多くありますが、なかでも費用対効果の高い集客手段としてSEOがあり、アクセスを得ている人気サイトでは、SEO対策によって検索サイトの上位表示を達成して集客を行なっています。実際に、SEO対策による集客だけでサイト運営を行なっているホームページも多数あり、それだけ検索サイトからの集客力には期待ができるのです。

検索結果の1ページ目は人が集まる一等地

知りたい情報がある時、多くの人はGoogleやYahoo!などの検索サイトで情報を探すのではないでしょうか?「ググる」という言葉が生まれたのも、それだけ検索サイトを利用する人が多い証拠だと思います。

インターネットで情報を探す人の80%以上は検索サイトで情報を探すと言われています。最近では、スマホの普及によって調べたいと思う前に情報が提供される時代になり、検索サイトを利用する機会も減りつつありますが、それでも検索サイトからの集客は無視できないものがあります。

その検索サイトからの流入が最も大きいのが検索結果ページの1ページ目の1位表示です。この位置に表示されるホームページは、検索サイトを利用するほとんどの人がクリックする一等地と言えます。SEOを実施する最大の理由は、この一等地を確保して集客を行うことにあります。


実店舗経営では人通りの多い路面店や人の集まるビルに出店するなど、露出度の高い環境で店舗経営をすることで集客や売上に繋げています。
ホームページの運営においても実店舗同様に露出度の高い環境でサイト運営することが求められます。GoogleやYahoo!などの検索サイトでの1ページ目がそれにあたります。

検索結果の1ページ目は、検索サイトを利用する多くの人の目に留まる非常に露出度の高いページです。検索結果の表示が後方ページになるほど露出度が低くなり、検索ワードによっては2ページ目以降になるだけで誰にも気付かれないほど露出度は下がる検索ワードもあります。また、同じ1ページ目に表示されても1位と10位とでも集客力(クリック率)に大きな違いがあり、10倍以上の集客力の違いが発生することもあります。それほど検索順位がサイト運営にアクセス数に与える影響は大きいのです。

SEO対策で上位表示できればアクセスアップが期待できます。

GoogleとYahoo!の検索順位は基本同じ

GoogleとYahoo!は日本国内の2大検索サイトです。検索サイトを利用するユーザーの9割近くがこの2大サイトを利用しています。

2大検索サイトは同じ検索エンジンを使用している

GoogleとYahoo!は同じ検索エンジン(Google検索エンジン)を使用しています。それによりGoogleとYahoo!は基本的に同じ検索結果になるのが基本になります。一部、検索ワードによってはオリジナルの情報を表示をしていますので結果表示が違うパターンもありますが、ホームページが紹介される順位は同じになるのが基本になります。

そのため、Google検索エンジンへのSEO対策を実施すればGoogleでもYahoo!でも検索順位アップが可能になります。これだけでも検索サイトを利用するユーザーの8割以上をカバーすることができます。

また、Google検索エンジンに対するSEO対策はBingなどの他の検索エンジンにも有効な部分も多くありますのでGoogle検索エンジンへのSEO対策が全てと言っても過言ではありません。

Google検索エンジンへのSEO対策を優先しましょう。

検索順位は200以上の要件で決まる

GoogleとYahoo!の検索順位を決定しているGoogle検索エンジンでは、200以上の検索ランキング要件を元に検索順位を決定しています。それら検索ランキング要件には、SEO効果の大きい要件からSEO効果の低い要件まで、また、自分で改善できる要件もあれば、第三者の助けがなければ改善できない要件もあり、ホームページごとに必要なSEO対策も異なるものになります。

自分でできるSEO対策だけでも

全ての要件を対策できるものではありませんが、対策できている要件が多いほど上位表示は有利になるものと言えます。200以上ある検索ランキングの中でも、検索ランキングへの影響の大きい要件をピックアップしてSEO対策をすることが推奨されます。

特に、ホームページ内部を改善する『コンテンツSEO』は自分で実施できる対策です。この『コンテンツSEO』だけでも実施できれば