まず、「SEO」とは

SEOの基本概念を解説します。初めてSEOを行う方には必要な基本的な考え方として解説しています。

SEOとは

SEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)のことを言います。これは、GoogleやYahoo!などの検索結果ページで自分のホームページが早い順位で表示(上位表示)されるようにホームページを改善することと言えます。また、検索結果ページの上位表示を目的にした作業を「SEO対策」と言います。

検索結果の1ページ目は人が集まる一等地

知りたい情報がある時、多くの人はGoogleやYahoo!などの検索サイトをするのではないでしょうか?「ググる」という言葉が生まれたのも、それだけ検索サイトを利用する人が多い証拠だと思います。

インターネットで情報を探す人の80%以上は検索サイトで情報を探すと言われています。最近では、スマホの普及により、さらに検索サイトを利用する人が増えています。

その検索サイトで、最も多くの人の見てもらえることができる場所が検索結果ページの1ページ目の1位表示です。この位置に表示されるホームページは、検索サイトを利用するほとんどの人がクリックする一等地と言えます。SEOを実施する最大の理由は、この一等地を確保して集客を行うことにあります。

実店舗経営では人通りの多い路面店や人の集まるビルに出店するなど、露出度の高い環境で店舗経営をすることで集客や売上に繋げています。
ホームページの運営においても実店舗同様に露出度の高い環境でサイト運営することが求められます。GoogleやYahoo!などの検索サイトでの1ページ目がそれにあたります。

検索結果の1ページ目は、検索サイトを利用する多くの人の目に留まる非常に露出度の高いページです。検索結果の表示が後方ページになるほど露出度が低くなり、検索ワードによっては2ページ目以降になるだけで誰にも気付かれないほど露出度は下がる検索ワードもあります。

また、同じ1ページ目に表示されても1位と10位とでも集客力(クリック率)に大きな違いがあり、10倍以上の集客力の差が生まれることもあります。それほど検索順位がサイト運営にアクセス数に与える影響は大きいのです。

多くのホームページでSEO対策は実施されている

多くのサイト管理者は、ホームページを開設したら「多くの人に見てもらいたい」、「売り上げをアップしたい」、「問い合わせを増やしたい」など、ホームページを開設した目的を達成したいと考えていると思います。

ホームページのアクセスを増やす手段は多くありますが、なかでも費用対効果の高い集客手段としてSEOがあります。

アクセスを多く確保している人気サイトは、SEO対策によって検索サイトの上位表示を達成して集客を行なっています。

SEO対策は誰にでもできる

SEO対策は突き詰めていくと難しい部分も多くありますが、基本的にはそれほど難しく考える必要はありません。

SEOのポイントは『ホームページに訪れる閲覧者を満足させること』それだけです。閲覧者をホームページで満足させることができれば、検索エンジンはホームページを評価し上位表示をさせてくれるのです。

この考え方は、検索順位を決定している検索サイトが、「検索ユーザーが抱える問題をホームページで解決する」ことを目的にサービスを行っていることにあります。検索サイトは問題を解決できる良質のホームページを探しているのです。

検索サイトが「問題を解決できるホームページ」を求めているのなら、「問題が解決できるホームページ」になれば良いのです。それも、ライバルサイト以上にスマートに問題を解決し、閲覧者を満足させれば良いのです。

SEO対策では、「SEOワードをページタイトルに含める」や「質の高いリンクを集める」など、具体的な対策はありますが、まずは、閲覧者の問題を解決して満足度を高めることを意識することが大切なのです。

閲覧者の満足度を高めるには

閲覧者が求めるコンテンツを掲載する
独りよがりなコンテンツではダメです。あくまで閲覧者が求めるコンテンツを掲載する必要があります。
ページタイトルと紹介文を魅力的にする
ページタイトル(titleタグ)と紹介文(metaタグ)は検索結果ページで表示される大切な要素です。魅力的で適切な文章でクリック率を高めましょう。
目的の情報まで辿り着く明快なデザイン
有益な情報が掲載されていても、目的の情報にたどり着く前にページを離れてしまうようなデザインでは閲覧者を満足させているとは言えません。
求められる以上の情報を用意する
お節介なほどの情報を用意して、さらに閲覧者の満足度を高めましょう。

上記はサイト運営において当然の内容ですが、これらを検索エンジンは評価して検索順位を決定しています。このことを疎かにせず充実度を高めることができれば上位表示は可能なのがSEOです。

検索順位を決めているのは検索エンジンである

検索エンジンがルールに沿って検索順位を決めている

検索順位を決定しているのは検索エンジンです。検索順位はルールに沿って決定されます。この検索順位を決定するルール(検索順位決定の考え方)を“検索アルゴリズム”と言います。

この検索アルゴリズムは、200以上の評価ポイントから成り立っている言われていますが、詳しい内容は公開されていません。ですが、一部の評価ポイントは検索サイト側から公表がされており、これら公表されている情報を把握し、また、上位表示を達成しているホームページの共通点を調べるなどして、その時、効果が期待できるSEO対策を把握する必要があります。

♂検索順位の決定方法

検索エンジンは閲覧者の満足度を監視している

SEO対策の代表的として「掲載内容の評価改善(コンテンツSEO)」・「他サイトからの評価改善(リンクSEO)」が検索順位の決定に大きく影響してきましたが、昨今では「閲覧者からの評価改善(トラフィックSEO)」の検索順位に与える影響が大きくなっています。

そのため、今後は閲覧者の満足度を高めることに重点を置いたSEO対策が重要なポイントになることが予想されます。

検索順位を決定するルール(検索アルゴリズム)は変化する

検索順位の決定ルールである検索アルゴリズムは定期的にバージョンアップを行います。これは、検索サイトがより良いホームページを紹介することを目的にしているため、その精度を高めるためのバージョンアップが行われます。

検索サイトで紹介されたホームページに目的の情報が掲載されていなくて、すぐに元の検索結果ページに戻ることが少なからずあるのではないでしょうか。
このようにクリックして進んだ先のページから元のページに戻ることを「直帰」と言い、検索サイトがホームページの評価を下げる閲覧者の行動の1つです。なぜなら、紹介したホームページに満足してもらえなかったと判断するからです。
このような「直帰」を少しでも減らすためにバージョンアッは定期的に実行されています。

そのため、以前は有効だったSEO対策がバージョンアップ以降は無効になったり、SEO効果の度合いが変化したり、さらにはペナルティーを誘発するSEO対策になってしまうこともあります。

そのペナルティーを生むSEO対策の代表に「リンク」があります。2010年頃はどんなリンクでも数を多く集めることで上位表示できる時代でしたが、“ペンギンアップデート”と言われる大型のアップデートの発動以降、数に物を言わすリンクSEOは終焉を迎え、闇雲にリンクを集めた多くのホームページがペナルティーを受ける結果になりました。

SEO対策は、最新情報を得ることも大切ですが、リンクの数を闇雲に増やしたり、SEOワードを無理に詰め込むなどの小手先のSEO対策は行わず、閲覧者を満足させることを意識して、変化する検索アルゴリズムに振り回されることなくSEO対策を継続することが大切です。

もちろん、今でもSEOワードを含んだ閲覧者のためになるコンテンツや、利用価値のあるクリックされているリンクには大きなSEO効果が期待できます。

GoogleとYahoo!の2大検索サイトは同じ検索エンジンを使用している

GoogleとYahoo!は日本国内の2大検索サイトです。検索サイトを利用するユーザーの9割近くがこの2大サイトを利用しています。

そのGoogleとYahoo!は同じ検索エンジン(Google検索エンジン)を使用しています。それによりGoogleとYahoo!は同じ検索結果になるのが基本になります。一部、検索ワードによっては各検索サイトオリジナルの情報を表示をして結果表示が違うパターンもありますが、ホームページが紹介される順位は基本同じになります。

そのため、Google検索エンジンへのSEO対策を実施すればGoogleでもYahoo!でも検索順位アップが可能になります。これだけでも検索サイトを利用するユーザーの8割以上をカバーすることができます。さらに、Google検索エンジンに対するSEO対策はBingなどの他の検索エンジンでも共通する部分も多くありますのでGoogle検索エンジンへのSEO対策が全てと言っても過言ではありません。

Google検索エンジンへのSEO対策を優先しましょう。